フルーツダイエットの効果と正しい摂り方|栄養不足にならない為に

あなたは、1日にフルーツをどれくらい食べますか?「フルーツダイエット」と言ったダイエット法があります。ダイエットをしている方は、お菓子などの間食を抑えるため、代わりにフルーツを摂るという方も多いと思います。もちろん、フルーツには、たくさんのミネラルやビタミンが含まれていて私たちの食生活には必要不可欠なものです。しかし、摂り方を間違えてしまうと、せっかくのダイエットが無駄になってしまうこともあるのです。
MENU

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方について説明していきます。

 

あなたは、1日にフルーツをどれくらい食べますか?

 

巷では、「フルーツダイエット」と言ったダイエット法があります。
ダイエットをしている方は、お菓子などの間食を抑えるため、代わりにフルーツを摂るという方も多いと思います。

 

もちろん、フルーツには、たくさんのミネラルやビタミンが含まれていて私たちの食生活には必要不可欠なものです。
しかし、摂り方を間違えてしまうと、せっかくのダイエットが無駄になってしまうこともあるのです。
今日はそんなダイエット中のフルーツの上手な摂り方をお話ししたいと思います。

 

フルーツダイエットの量

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方|栄養不足にならない為に
フルーツダイエットの摂り方の基本は『量』です。
どんなに低カロリーなものでも、摂りすぎてしまえば高カロリーになってしまいます。

 

フルーツの目安量は1日に150〜200g程です。

 

これは食品の皮などついた状態のgですのでりんごなら小さめのもの1個、みかんなら2個程度になります。
まずは目安量を守るようにしましょう。

 

フルーツダイエットの種類

フルーツダイエット次のポイントは、食べる種類です。
フルーツにはたくさんの種類がありますが、ダイエット中の方にお勧めしたいのは「GI値」が低いものです。

 

GI値とは?

このGI値とは、「グリセミック・インデックス」の略で、その食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。
私たちが食品を食べて、血糖値が急激に上昇すると、脂肪を作り脂肪細胞の分解を抑制する働きがあります。
つまり、肥満の原因となってしまいます。そのため、出来るだけGI値の低いフルーツを選択することが大切です。
血糖値の急激な上昇を抑え、脂肪になるのを抑えようというわけです。

 

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方|栄養不足にならない為に

 

GI値の低いフルーツはグレープフルーツを始めとしたかんきつ類、りんご、イチゴ、キウイなどです。
逆にGI値が高いものはバナナ、パイナップル、パパイアなどです。

 

フルーツダイエットのいつ食べる?

フルーツダイエット次のポイントは、食べる時間。
フルーツを食べるときには出来るだけ、3食の食事の食後すぐに摂ることをお勧めします。
食事を摂ってからしばらく間をおいてから摂るのではなく、食事の最後の1皿として食事の一環として摂るのです。
このように食べるのも血糖値に関連しています。
食事を食べてからしばらくしてから食べると、食事によって上昇した血糖値がせっかく落ち着いてきたところに、再びフルーツを口にすることで、再び大きく血糖値が上がってしまう恐れがあるためです。
フルーツは糖分も多いので振れ幅も大きくなってしまい体への影響も大きいのです。
以上のような食べる量・種類・時間を少しだけ意識してみることで、効率的にダイエットを進めることができますよ。
大人のカロリミットの口コミ!ファンケルサプリを買わない方が良い人の特徴

ダイエットに不足しやすい栄養について

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方|栄養不足にならない為に
フルーツダイエットを行って、メインの食事の量を減らすと心配なこと。
それは、ダイエットによる栄養不足です。

 

ダイエットを始めて、最初は調子よく減量できていたのに、なんだか最近変化がなくなってきたとお悩みの方はいませんか?
それはダイエットによって、ビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しているサインかもしれません。
ダイエット中にこのような栄養素が不足すると体脂肪の燃焼効果が低下してしまい効果が出にくくなってしまうために注意が必要です。
ダイエット中は食事制限や激しい運動などで栄養が不足しがちですが、そこをしっかり意識して補うことで、きれいにダイエットを成功させたいですよね。
そこで今回はダイエット中に不足しがちな栄養素についてお話しします。

 

鉄分不足

まず挙げられるのが、鉄分。鉄は全身に血液を送るのに必要になるため、不足すると貧血、倦怠感などの症状を引き起こします。
とくに女性は生理の関係で鉄の需要が高まるため、意識して摂る必要があります。

 

ビタミンB不足

次に挙げられるのが、ビタミンB群です。
中でもビタミンB1は糖質の代謝、ビタミンB2は脂質代謝に不可欠で不足すると効率的にエネルギー変換できなくなり、痩せにくい体になってしまう原因にもなります
不足すると倦怠感、ニキビなどカラダに不調がでてくることもあるので注意が必要です。脂肪が燃焼しやすい体を作るためには、ビタミンB群をしっかり摂ることが大切です。

 

カルシウム不足

次に不足しやすいのはカルシウム。
こちらはダイエット中以外でも不足しがちなので、食事量が減るダイエット中は特に意識して摂る必要があります。
カルシウムは骨粗しょう症を防ぐばかりでなく、ストレス防止やホルモンの分泌をうながす作用もあります。

 

ダイエット成功の為にはバランスの良い栄養が大切

最後に、良質なタンパク質をしっかり摂ることは、きれいにダイエットを成功するためには必要不可欠です。
タンパク質が不足すると筋肉が痩せてしまい、代謝の低下につながって痩せにくくなってしまいます。脂身の少ないササミやヒレ肉。
魚介類、豆腐・納豆などの大豆製品をバランスよく組み合わせて摂るようにしましょう。

 

今回、不足しやすい栄養をいくつかあげましたが、どうでしたか?
ダイエット中は基本的に食事の摂取量が減少するため、同時に得られる栄養素も減少しがちです。
上手にカロリーコントロールをおこない、いろいろな食材からバランスよく栄養を取り入れることが大切です。
健康的にきれいにダイエットを成功させるためにも、不足しやすい栄養素を意識しながら進めることが大切です。
綺麗なダイエット、痩せた体、でも歯が黄ばんでいては見た目の印象は悪いですよね
体型改善を頑張ると共に白い歯を目指すのも大切なことです。
芸能人も愛用しているちゅらトゥースホワイトニング効果は、本当にそんなに白くなるの?とちょっと
疑問に感じるくらいビフォーアフターの違いに驚きました。

あなたにダイエットは必要?

フルーツダイエットの効果と正しい摂り方|栄養不足にならない為に

 

巷にはたくさんダイエットの情報が溢れ、「細い・痩せている=美しい」という誤ったイメージが出来上がってしまっています。
中高生を始めとした若い世代の女性が「ダイエット」という言葉にあまりに敏感になっていることに恐怖感さえ感じます。

 

欲望のままに好きなものを好きなだけ食べ過ぎて体重を増やしてしまうことはもちろんよくありませんが、ただただ痩せていることが美しいと捉えるのは間違っていると思います。


美しいボディの持ち主は決して食べていないわけではないのです。
食べるもの、食べるとき、食べる量を選んでいるのです。
極端なダイエットを続けると、必要な栄養素が足りていないという、「美しさ」とは正反対の現象が体の中で起こります。

パサパサの髪に、艶のない肌、血色のよくない顔色。そんなことでは本来の目的を見失ってしまいます。
無理なダイエットで肌荒れを起こして、高価な化粧品を買うという意味の分からない事も起きてしまいます。
中高生であれば、肌本来が美しい状態なので、きちんと栄養をとり睡眠をしっかりとれば、それだけでスキンケアはOKです。(http://xn--n8j9l4cl2d6a6bg7lc1049gjgta.net/)

 

添加物をきにするよりも栄養を

添加物など体にとってよくないものを含んだものは確かに世の中に溢れています。
しかし栄養の不足以上の悪影響を及ぼすものはほぼないと言えるでしょう。
食事は3食摂りましょう。バランスよく野菜・肉魚・ご飯がしっかり入った食事を摂りましょう。と小さいころから何度も何度も聞いてきているはずです。
なぜそんなに何度も教えられてきたのか。それはそれが健康に『生きる』ことに必要不可欠なことだからです。

 

摂食障害とは?

正しい量を食べる事を見失ってしまった人々は、拒食症・過食症といった摂食障害に陥りやすくなります。
摂食障害は、1度なってしまうと完治しにくい障害です。
痩せることに快感を覚え、食事をどんどん受け付けなくなり、体に必要な栄養素をきちんと摂れず命をも脅かすこともあるほどです。

 

出産時の赤ちゃんへのリスク

また痩せていることで次世代への影響もあることはご存知ですか?
2500g以下で生まれてくる赤ちゃんは低出生体重児と呼ばれますが、近年その比率は20年前と比べて約1、5倍に増えていると言われています。
そしてその原因の一つとして、「母体の痩せ」が挙げられているのです。
低出生体重児は脳や身体機能に障害が残るケースもあり、また大人になってからも糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなると言われています。
これから妊娠出産を考えている女性は、過度なダイエットは自分だけではなく、将来の自分の子供にまで影響を与えてしまう恐れがあること知っておく必要があるのです。

 

「ダイエットをしたい」女性なら1度や2度は必ず思うことがあると思います。
体重過多で減量の必要がある人も中にはいるとは思います。ですが、その時、必ず自分に問いかけてみてください。
「本当にダイエットが必要?」自分の健康を害するリスク、将来の子供へのリスク、そういったものをすべて鑑みた上で、
それでも痩せる必要があるのか必ず自分の心に聞いてみましょう。

 

ただ「食べないで細い女」ではなく「食べるとき・もの・量を上手に選べる賢い女」を目指しましょう。

このページの先頭へ