炭水化物抜きダイエットについて

去年末頃から、いいかげんな生活がたたってお腹がぽっこりと飛び出てしまいました。これまで着れていた細めのシャツがまともに着られなくなりました。 ですので、なるべく炭水化物を食べないようにし、帰宅するときにはわざと一つ手前の駅で降りてウォーキングを行うようにしています。
MENU

炭水化物抜きダイエットに挑戦した話を紹介するよ

去年末頃から、いいかげんな生活がたたってお腹がぽっこりと飛び出てしまいました。これまで着れていた細めのシャツがまともに着られなくなりました。

 

ですので、なるべく炭水化物を食べないようにし、帰宅するときにはわざと一つ手前の駅で降りてウォーキングを行うようにしています。
休みの日であっても、散歩は欠かさず行くようにしました。

 

少しずつ体重は減ってきていますが、痩せるときはしんどくて太るのは一瞬。ダイエットの厳しさを痛感しています。
私は今ダイエット中です。過去にダイエットを、実行した時は体重も落ちましたが健康も害したので今は運動と食事には気を配っています。運動はウォーキング、ダンス、バトミントン、縄跳び、筋トレを毎日しています。

 

 

食事は普通の人の半分程度の量です。
それ以外にスリムに身体がなっても精神面が悪くなると駄目なのでヨガをしてみたりしてリラックスしています。

 

ダイエットに重要なのは、お腹の環境をきちんと整えること

つまり、食べたものが腸内にある時間が長いほどそれを体内へ吸収しようとする働きが体にはあるようです。

 

食事を減らせば痩せていきますが、排出もなくなります。

 

 

食事から摂れない分の栄養を、腸内のものから吸収しようとするからだと思います。
なので、腸の調子を整え、正常な排泄が欠かさず行われれば、自ずとダイエットになっていくのではと思います。

 

ダイエットにはお金をかけず

ダイエットにはお金をかけず、いつもの暮らしの中でひと手間かけてみるのはどうでしょう。
例えば、床を掃除する際に、便利なダスタークロスを使うのではなく、ぞうきんを使う。

 

そうすることでカロリーの消費量が増え、ダイエットに効果がありまたお金も浮いていいことばかりです。

もちろん無理なく続けられるレベルが望ましいですが、お金が節約できて消費カロリーが増やせることを見つけ出していけば、意外と楽しみながらダイエットを継続できるのではないでしょうか。

 

 

三日坊主になりやすいダイエット

ダイエットをしようとする時に必要だといわれていることはまず、自分の身体で目に付く部分をリストアップし、変えていきたい順に順位を付けることが必要です。すべてを一度に変えようとしても運動しなければならない量や方法が多くなり、三日坊主になりやすいです。

 

 

まずは部位を絞り、その部位部位で必要な運動方法を取ることをお勧めします。部位の数を少なくすることでダイエットの成果が高くなり、達成したという感覚がつかみやすく、ダイエットをこれからもやっていこうという自信につながります。

 

ダイエットについては無茶をせず続けて行くことです。

 

 

 

ポイントは食事と運動のバランス

食事には特に気をつけたいものです。極端に偏った食事をすると、その反動によって、逆においしいものを食べてしまうことが起きるのでリバウンドしがちになります。

 

お肌にも悪いです。
炭水化物を少なめにするとか、肉から魚メインにしてみるとか。

 

高タンパクにして低カロリーの組み合わせはダイエットに欠かせないものです。

 

正しいダイエットのコツとして、決して無理をしないことが挙げられます。
多くの人が過度な食事制限や一つのことばかりに取り組んでしまう傾向にありますので、そうするとリバウンドの大きな原因となります。
一回リバウンドをしてしまうと、ダイエットに対するやる気が減少したり、自分に自信を持てなくなったりしますので気軽に毎日続けられるような、ダイエットを行うことが大事だと言えます。

 

 

 

ダイエットをする際、毎日の食事は重要

いくら運動したからといって、消費カロリー以上に取るカロリーが上回ってしまうと意味がないからです。

 

つまり、取るカロリーより使うカロリーが日々上回れば、体重が増えてしまうことは無いということです。
また、代謝率をあげる食事を取り入れ、さらにエクササイズすることでうまく体重を落とすことができます。

普段毎日の食事を見直す事はダイエットをするにあたり大事な事でしょう。
うまくダイエットするためにはどんなことでも偏りがあってはいけません。

食事や運動を全くしないことで、短期間体重が落ちたとしてもリバウンドに繋がってしまう場合があります。
炭水化物は少なめにして、タンパク質を取ったり、ビタミンを多く含む野菜を食べる等、身体に必要な栄養を食事で取り入れた上で適度な運動をプラスすることで、リバウンドを繰り返さない体をつくることができると思います。

 

ダイエットをしようと気合を入れすぎるより、無理をせず痩せる習慣を付けることが大切だと思います。太るのは、摂取カロリーが消費カロリーを上回るからで、ダイエットにはこの消費する分を増やすことが肝心です。

 

タイムイズダイエットの概念

そのために、タイムイズダイエットの概念を身につけましょう。つまり、時間を大切にする意識が痩せることに繋がるのです。
今できる仕事を先延ばしにしないですぐにやるように心掛けることです。
掃除洗濯、洗物など、思いついたらすぐさま動くことを心がけていると自然に無駄な肉は落ちていきます。

 

 

 

関連ページ

20時以降の食事しない!寝る2時間前の食事はダイエットの敵
20時以降の飲食は極力避けています。それが難しいときでも、眠る二時間前には飲食を避けます。 夕ご飯は満腹になる手前で止めるようにしています。嗜好品は極力朝のうちに食べるようにしています。
このページの先頭へ